Realize
CD/DVDプレス -プレスについて-

ホームページ CD/DVDプレス

個人・法人に関わらず、オリジナルのCD・DVDの制作、プレスの手配まで御手伝いできます。オリジナルの音楽CD、DVD Video、また配布資料・販促用としての CD-ROM、DVD-ROM、Blu-ray Discを制作できます。

プレマスター作成
CDプレス用に入稿するマスターをプレマスターといいます。 弊社では別途費用となりますが、プレマスター作成や音楽CD、CD-ROM、DVD Video、DVD-ROMのオーサリング、コンテンツ作成のお手伝いも可能です。 ご自分でマスター作成される場合は下記のことにご注意ください。
CD/DVDマスター入稿の注意点
CD-ROM、DVD-ROM

CD-ROM、DVD-ROMはパソコン用途のみのデータやコンテンツを収録するものです。必ず専用のCDライティングソフトやDVDオーサリングソフトで作成してください。 Windows付属の書き込み機能は、あくまでFDやUSBメモリーと同じく 個人のデータを保管するためのもので、追記可能な書き込みとなっています。 専用の書き込みソフトで、追記不可、または読み取り専用の設定で作成してください。

※ライティングソフトではディスクアットワンスの設定は「読み取り専用」「追記付加」等の表示になっています。

※CDは規格では容量650MBです。しかしながらCD-Rは700MBのものが有ります。CD-ROMまたはCD-DAのマスターを作成する際、700MBまで書き込むと、プレスマスタリング工程でカッティング線速度を通常と変える必要がでます。680MBまでを目標としてください。

CD、DVDの製造工程プレマスタリング参照
CD-DA、CD-EXTRA
音楽のマスターとなる音源のデータ。WAVEファイル、AIFFデータを使用します。 後はCD-Rライティングソフトで書き込みます。 書き込み方式を、曲と曲の間に2秒間の無音部分作りたい場合は、〔トラックアットワンス[追記不可モード]〕、 すべて曲間の継ぎ目を無しにしたい場合は〔ディスクアットワンス〕を設定してください。データ部とオーディオ部の入ったミックスモードCDやCD-EXTRAを作る場合 ライティングソフトによって、専用の項目がある場合、出来ない場合がありますのでご注意ください。

CD-EXTRA仕様の場合は、基本的にマルチセッション仕様のCDの為、 セッションアットワンスの選択が出来るライティングソフトなら問題ありません。自信が無い場合は別途費用となりますが弊社にプレマスターご依頼ください。

JASRAC登録について 著作権のある、または著作権を付けたい音源の場合、JASRAC(日本著作権協会)に申請する必要があります。
申請するとJASRACよりJASRAC Noが支給されます。プレスメーカーがJASRAC認定の 工場であれば、レーベルデザインにJASRACロゴ及びNOをデザインとして印刷すればOKです。 工場よりJASRACにプレス枚数が報告されます。
但し海外プレスメーカーの場合はJASRAC認定となりませんので、JASRACより支給されたJASRACロゴとNoの印刷されたシールをディスクレーベル面またはパッケージに貼る必要があります。
DVD Video

DVDには当初片面1層(4.7GB)、片面2層(8.5GB)、両面1層(9.4GB)、両面2層(17GB)の規格が有りましたが現在は片面1層及び片面2層の2タイプが殆どです。DVDD-ROMはCD-ROMと同じくパソコン用のデータやコンテンツを収録できますが、DVD Videoについては最終的にDVDプレイヤーで再生できるアプリケーション形式に出力する必要があります。
具体的にはVIDEO_TSフォルダ内の拡張子がIFO、BUP、VOBの形式のファイルが入っているアプリケーションを作る必要があります。
DVDオーサリングソフトや編集ソフトにはこのアプリケーション作成書き出し機能がついていますので、それにしたがって作成してください。
複数のムービーをオーサリングしてメニュー画面の作成する場合、簡単なメニュー画面作成機能は殆どのオーサリングソフトに付いていますが、メニューの階層化(TOPメニューと複数のサブメニュー)が出来るオーサリングソフトは少なく、また高額です。
複数のムービーで16:9のワイドムービーと4:3のムービーが混在する場合も注意が必要です。設定を誤ると16:9のムービーが4:3に圧縮されて再生されます。またCSSプロテクトをかけたい場合はDLTテープマスターを作成するか、DDPIDファイル(DLTテープ書き出しと同じフォーマット形式データ)をDVD-Rに書き込んでマスターとする必要があります。DVD9(片面2層 8.5GB)の書き込みにもオーサリングソフトの注意をよく読んでマスター作成してください。必要な場合は別途費用となりますが弊社にご依頼ください。
※オーサリングについて詳しくはムービー編集のページをご参照ください。

DVDの規格  DLTテープマスター VIDEO_TS  CSSプロテクト
Blu-rayディスクについて
12cmCD/DVDレーベル印刷範囲
レーベル印刷にはオフセットとシルク印刷があり、オフセット印刷があります。国内でプレス手配の場合はオフセット印刷はシルク印刷に比べ+10〜12円コストアップになります。詳細は料金表をご参照ください。

シルク印刷はCD DVD印刷用の大日本インクのUVインクを使用しますが、供給色数は限定されています。
使用可能カラー一覧表を参照してください。 ※カラー一覧PDFをダウンロード
またグラデーションはでにくく、アミについても微妙なパーセンテージの違いは出ません。80%以上はベタになります。アミ線数は80〜100線を標準とします。

レーベル印刷範囲は2種類あります。直径で外周116mm〜内周46mmのタイプと外周116mmから内周23mmのタイプです。CD及びDVDは紙の印刷と違っプレス成型後の印刷となります。2つのタイプでプレス金型が違ってきます。あらかじめデザイン段階でよくご確認ください。 ※レーベル印刷範囲PDFをダウンロード
ディスク本体の直径は120mm、内周(内側のホール)直径は15mmです。コンパクトディスクロゴは大きさ、位置に規定はありませんが、肉眼で確認可能な大きさで表示してください。またロゴには音楽用のCD-DA、データ用のCD-ROM、DVD Video,DVD-ROMによって様々なロゴがあります。
ディスクロゴ一覧で確認いただくか、お問い合わせください。
【注意】 海外プレスの場合は、レーベルに原産国表示が必要になります。
大きさ、位置に指定はありません。
例:maide in TAIWAN or Pressed in TAIWAN
参考まめ知識】  CD-Rの構造CDの構造DVDの構造プレス製造工程イメージ


印刷製本 価格表  CD、DVD価格表  CD,DVDプレス  CDケース  印刷 原稿  印刷 対応フォント 

印刷 校正
  ムービー編集   Web制作・プログラミング
Copyright 2002-2009 Realize.,Co.Ltd all rights reserved.