Realize
印刷 -原稿について-

ホームページ 印刷 原稿

個人の方も、法人の場合も、オリジナルの書籍を作成できます。世界にただ一冊の本を作ることも可能です。A6、B6、A5、B5、A4、新書サイズ、文庫サイズと様々な形式の本が、CTP印刷、オンデマンド印刷の小ロットから作成することができます。またチラシ、ポスター、はがき、オリジナルマグカップ等の作成も可能です。
※サイズ、ロット、印刷方法によって、組み合わせに制限はあります。書籍以外の印刷物も含めて詳しくは価格表ご参照ください。
以下、原稿ご支給上の注意点等もご参照ください。


原稿作成の諸注意

製本の場合の原稿の作成上で注意していただきたい事の主なものです。
良くご確認の上、原稿作成上にお役立てください。
※書籍以外のポスター、チラシ、マグカップ等については料金表のページに簡単に記載しあります。

※入稿はCD-R、DVD-Rその他の媒体で送っていただいて構いません。
 
FTP入稿ご希望の方は、ご連絡いただければ弊社FTP ID パスワード発行いたします。

本のサイズについて
弊社のセットで作れるものの主なサイズ。 ※全て仕上がりサイズです。
A5
148×210mm
B5
182×257mm
A6(文庫)
105×148mm
B6
128×182mm
新書
107×175mm
A4
210×297mm
ハガキ
100×148mm
名刺
55×91mm
本の閉じ方について
基本的に無線閉じ、中とじの2種類に対応できます。
無線閉じは糊で表紙と本文がくっついているタイプです。
中とじは、紙を二つ折りにして中心部分を針金で綴じたタイプです。
無線閉じ
内側(ノド側)が糊で付けられていますので、完全には開きません。
内側に文字などを配置すると読みにくくなることがあります。
500〜600ページ程度まで作ることができます。

中とじ
開きやすいのでページの内側まで全て見えますが、ページ数の多いものには不向きです。 目安は40ページ以下と
考えてください。

とじ方向は、基本的に文章が縦書きになっているもの(和書)は右とじ、 文章が横書きになっているもの(洋書)は左とじになっています。
ページ数の数え方/ページ番号について
通常、ページはオモテ表紙(表1)を1ページ目として数えます。
オモテ表紙の裏(表2)が2ページ目で、以降本文は3ページ目から順に数えていきます。
ウラ表紙の裏(表3)が最後から2番目のページで、ウラ表紙(表4)が最終ページになります。
・データ原稿の場合 ファイル名に原稿の順番が分かるように名前を付けてください。
製本断裁について
印刷物を仕上げる(断裁・製本の)際に、若干の印刷位置誤差が発生します。
誤差が生じても印刷結果に支障が出ないよう、「断ち切り」(ドブ)を 予め原稿に用意しておきます。 ドブは3mm以上必要です。
また重要なデザイン・ロゴ・タイトル等はあまり仕上がり位置ギリギリに配置しないようにしてください。
画像解像度について
解像度が低いと、粗く出力されてしまいます。
また、あまり高くても出力できる画質には限界がありますので、意味はないです。
推奨解像度
カラーデータ
200〜350dpi
モノクロ(グレースケール)
600dpi
モノクロ2値画像の場合、600dpi以外では網点が正しく再現されません。
背表紙の計算方法について
特にご指示が無ければ弊社で調整しますが、ある程度の厚さ(2mm以上)の本でしたら 背表紙の原稿を別途ご用意いただいても構いません。
※薄い本では、背がズレてオモテ表紙側などに出やすいため、背を別にしない方がオススメです。

背表紙の幅については下記計算式をご参照下さい。
カラーデータ
200〜350dpi
モノクロ(グレースケール)
600dpi
※表紙のページ数は4ページ分と数えます。

○計算例
本文が24ページで、用紙が白上質紙90kの場合・・・(4+24)÷16=1.75(1.8)mm
本文が100ページで、用紙が白上質紙70kの場合・・・(4+100)÷20=5.2mm
紙原稿を作る場合の諸注意
CMYK、RGB、グレースケール、モノクロ2値などです。 カラーはCMYKでのご入稿を推奨です。が(RGBでもお受けすることはできます。)

完成原稿のレイヤーは結合してください。 何らかの理由でレイヤーを残す場合、テキストレイヤーはラスタライズしておいてください。また、不要なチャンネルは捨ててください。
Illustrator原稿
原稿の文字は必ずアウトライン化してください。 別途対応フォント表参照。
配置した元画像も、必ず一緒にご入稿してください。
配置画像のカラーモードは統一してください。 スポットカラー(蛍光色などの特別な色)は使用しないで下さい。
オブジェクトのアウトプット解像度(出力解像度)は800dpi以上に設定してください。
仕上げ位置が分かるように、断裁用のトンボを必ず入れてください。
Adobe InDesign、Adobe PageMaker、Quark XPressなど
Illustratorと同じで、必ず配置した元の画像も一緒にご入稿下さい。 また、弊社非対応フォントをご使用になられる際は、フォントファイルも合わせてご入稿下さい。
弊社対応フォントはコチラ→ >>対応フォント表
カバー原稿の作り方
カバー付文庫・新書セットや、A5・B5の本にカバーオプションをつけることができます。
カバーは、折り返し×2、表1、表4、背表紙の5点で構成されています。
背表紙は、本の外側に取り付ける性質上角が丸くなりますので、 0.5mm〜1mmほど幅に余裕を持たせていただくと安全です。 表1・表4の画像は それぞれ3mm〜5mm程度折り返し部分にはみ出す形で作成してください。
これは、本にカバーをかけた際ここがピッタリまでしか無いと表紙に折り返し部分の色が出てしまうためです。

印刷製本 価格表  CD、DVD価格表  CD,DVDプレス  CDケース  印刷 原稿  印刷 対応フォント 

印刷 校正
  ムービー編集   Web制作・プログラミング
Copyright 2002-2009 Realize.,Co.Ltd all rights reserved.